結婚指輪とは

Pocket

婚約指輪と結婚指輪が存在しており、それぞれ違いが在ります。前者の場合、これは婚約が成立した事を証明する高級品等であり、男性から女性に贈呈する事になっています。欧米諸国が発祥とされており、古代ローマ時代が起源となっています。また、イギリス(正式国名・グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国。首都はロンドン)においては、王室では女性の婚約者は右手の薬指に付けるという習慣が在ったそうであり、かつての欧州においては婚約指輪と同時に高級な石も贈るという風習が在りました。その理由ですが、魔除けとされています。

魔除けというと、日本においては神社等において朱色の鳥居が在りますが、それ自体も魔除けとなりますし、赤色は魔除けとしても知られています。後者に関してですが、欧州においてはキリスト教の風習とされていました。これ自体、結婚届けを出して、婚姻関係が成立した男女が付ける指輪となっており、男性であっても装着します。装着する部位ですが、左手の薬指が基本となっています。

よく、右手の薬指に婚約あるいは結婚指輪をしているという人を観掛けます。これ自体、かつての英国王室の高貴な人々を意識したのかもしれません。結婚指輪ですが、基本的には宗教に関係無く装着をしているのが現在における結婚っ上となっています。 婚約指輪の外観ですが、基本的には銀色で至ってシンプルなデザインとなっています。後者の場合ですが、銀色以外に黄金色が有ったり、装飾が高級感が溢れたりしています。