相手の好みに合った指輪を

Pocket

指輪を購入する場合ですが、海外の有名ブランド店の日本の販売店で販売されている商品であっても、大多数の人が購入する商品は50万円程度となっているようです。また、デザインですが「見た目がかなり美しい物が好きです」という人であれば、金色でプラチナ等が付いている商品を購入すると良いでしょう。

指輪ですが、これ自体は金属となっています。金属アレルギーが気になる人であれば、基本的には購入は控えた方が良いのかもしれません。ただ、金属アレルギーが発生しやすい金属と、そうでない金属が在るので諦める必要は無いのかもしれません。 ニッケルやクロムという金属は、金属アレルギーを引き起こしやすい性質があるため、アレルギーのある方にとって指輪購入として好ましくない金属です。これらは、有害物質とみなされているので、販売店で購入する場合は当該金属が含まれていないかをスタッフの人と話し合うべきです。

金属アレルギーを起こし難い金属としては、金や銀、それに白金、チタンといったものは化学的に安定をしているので安心できます。ただ、ニッケル、コバルト、クロムと合金をしている場合は要注意ですし、菓子類にニッケルが含まれ地得る場合、金属アレルギーになり易いので注意が必要です。 装身具や腕時計等は、基本的には人間の皮膚の表皮にのみ接する器具で金属アレルギーは起こし難いとされています。ただ、基本的には当事者で金属アレルギーの人がいないかどうか、それと金属アレルギーに関する知識が在れば指輪を買っても、後々のトラブルは起こり難いようです。

結婚指輪の相場

Pocket

女性が付ける事になっている婚約指輪、及び男女が付ける結婚指輪ですが、これらは基本的には巷に在る高級装飾品店(百万円以上する高級腕時計やブレスレット等も販売されており、店内のデザインは欧州の王室を意識した造りとなっています)で販売されています。高級装飾品店ですが、訪れるのは主にカップル客となっています。

単身で訪れるという客人もいますが、その場合は装飾品店で販売されているレザーグッズ等を買う場合であったり、婚約指輪を下見するという人もいます。ただ、気になるところとしては、婚約並びに結婚指輪を買う場合、大多数は50万円以下とされており、10万円程度でも良いというカップルが多いようです。

参照『ガラ OKACHIMACHI:結婚指輪情報

指輪自体、高級品とみなされています。購入をする場合、海外の高級ブランドで高貴なイメージが漂う商品を購入したいという人は少なくありません。高級ブランドとしての指輪ですが、王室や貴族が購入する商品に関しては百万円を超える額となっています。ただ、百万円を超える額の指輪ですが、カップルとしては「出来れば、そういった指輪を買いたいです」という程度に留まる場合が大多数となっています。 百万円を超える、王室や貴族が買う指輪類ですが、基本的には高所得者や有名人とされる人のようです。そうでない場合、無難な額の指輪を購入した方が良さそうです。

結婚指輪とは

Pocket

婚約指輪と結婚指輪が存在しており、それぞれ違いが在ります。前者の場合、これは婚約が成立した事を証明する高級品等であり、男性から女性に贈呈する事になっています。欧米諸国が発祥とされており、古代ローマ時代が起源となっています。また、イギリス(正式国名・グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国。首都はロンドン)においては、王室では女性の婚約者は右手の薬指に付けるという習慣が在ったそうであり、かつての欧州においては婚約指輪と同時に高級な石も贈るという風習が在りました。その理由ですが、魔除けとされています。

魔除けというと、日本においては神社等において朱色の鳥居が在りますが、それ自体も魔除けとなりますし、赤色は魔除けとしても知られています。後者に関してですが、欧州においてはキリスト教の風習とされていました。これ自体、結婚届けを出して、婚姻関係が成立した男女が付ける指輪となっており、男性であっても装着します。装着する部位ですが、左手の薬指が基本となっています。

よく、右手の薬指に婚約あるいは結婚指輪をしているという人を観掛けます。これ自体、かつての英国王室の高貴な人々を意識したのかもしれません。結婚指輪ですが、基本的には宗教に関係無く装着をしているのが現在における結婚っ上となっています。 婚約指輪の外観ですが、基本的には銀色で至ってシンプルなデザインとなっています。後者の場合ですが、銀色以外に黄金色が有ったり、装飾が高級感が溢れたりしています。